公立通信制高校について

今は高校まで進学をするのが一般的になってきています。
高校まで授業料は無料となっているのです。
それくらい進学をする場合が多いということでもあります。


公立の通信制高校は私立に比べ学費が安い

しかし普通科ではなく、他のコースを選んで勉強をしたほうが良いとすることもあります。
学校に通いながら仕事をするというような場合、定時制を選択することもあるのですが、仕事の時間が不規則な場合には、定時制でも通うことが困難となってしまいます。
そこで通信制高校を選択すると良いです。
通信制高校は公立の場合が多いです。
中には私立の学校があるのですが、公立のほうが授業料も安くなっていますし、中には無料となっていることもあります。

通信制高校はまだまだ学校の数としては少ないです。
ですから、選択肢があまりないというデメリットがあります。
しかし、日常生活の中で通信制高校に通ったほうが便利であると考えることもあるので、考えてみるのも良いです。


色々な選択肢がある

様々な都合で高校進学を諦めなければいけないということもあります。
勉強はいつでもできるのですが、高校はしっかり行っておきたいと思ったら通信制高校に入学をしてみるというのも良いです。
完全な自宅学習ではなく、課題提出のために学校に行くということもあります。

通信制高校の学費がすぐわかるスクールライフ(http://www.sevillaporlarepublica.org)
人気のある私立の通信制高校が載っています。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

民族学校やインターナショナルスクールと通信制高校

民族学校やインターナショナルスクールには、卒業しても日本の高校卒業資格として認められない学校もあります。そのような学校を卒業したのであれば、高校卒業が条件となっている専門学校や大学への進学が難しいということになってしまいます。こういった場合には通信制高校へ同時に入学するという方法が有効なのでしょうか。それとも高等学校卒業程度認定試験合格のほうが合理的なのでしょうか。


<進学希望であれば高等学校卒業程度認定試験合格>

日本の大学や専門校に進学するのであれば、通信制高校へ一緒に入学するよりも、高等学校卒業程度認定試験に合格するほうがオススメです。認可されていない学校だとしても、高校で習うべきカリキュラムは授業で受けているはずです。通信制高校にはスクーリングもありますし、時間的に確保しにくいこともあるでしょう。進学希望であれば高等学校卒業程度認定試験の合格を目指すのが合理的です。進学した時点で経歴上も何も問題はなくなります。就職する場合に不利かということも、実際のところはあまり大きな問題ではないという意見が人事担当者から聞かれます。それよりも語学スキルがあることが重視される事のほうが多いようです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

卒業率から見る通信制高校と定時制高校の違い

通信制高校と定時制高校には、単位制か、単位制と学年制の併用かの違いがあります。
要するに定時制は通学することが前提となっていますが、通信制では規定のスクーリング以外、通学する必要はありません。
それが利点でもあり、デメリットを生む原因ともなります。
自分のペースで学習するということは、自分自身の意思や志、意欲などが大きく関わり、そのモチベーションを維持する事が重要です。
しかしそれを継続してゆくことは、並大抵の努力ではできないものです。
それが卒業率の違いとなって現れます。


<通信制高校と定時制高校の卒業率>

定時制高校の卒業率は7割とされています。
それに対して通信制高校は、私立と公立で若干差がありますが、約半分の5割弱となっています。
学習面や精神面において、仲間の助けや先生からの指導が少ないということが要因となっているのではないかといわれています。
私立の通信制高校には、ほぼ全員が卒業するという学校もあります。
そのような学校は人間形成に関わるようなカリキュラムや、個別指導、スクーリングなどに力をいれている傾向にあります。
そのようなフォローがあると卒業率は上がることの聡明とも受け取ることができ、卒業率はひとつの学校選択の要素となります。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校からの就職について

通信制高校についての社会の理解も深まっています。
そういった点から「通信制だから就職には明らかに不利」とばかりは言えませんが、どんな学歴であっても就職難であるこの時代です。
全日制高校であっても大学卒業であっても就職難であれば、通信制高校の卒業生の就職もやはり困難だとうけとめていいでしょう。


<通信制高校と技能連携校>

通信制高校の卒業で得られるのは、全日高校を卒業した時と同じく、高等教育を終了したという資格です。
技能学校で得られるものは、職業につくときに有利となる資格。
技能学校を卒業しても高校卒業の資格を得ることはできませんが、提携があればこの技能学校における履修も単位として加えられます。
イメージとしては商業高校や工業高校のようなもので、大変効率的で実質的なものです。
在学中に技能を身につけることができますので、就職に対しても有利となります。
またその学校と運営を同じくしているのであれば、就職率の良さが通信制にも反映されることもあります。


<就職率について>

通信制高校の就職率というのは、どれだけの生徒が就職を希望しているかなども様々ですので一概に言えません。
しかし技能連携校のイメージが商業高校や工業高校、農業高校といったイメージであれば、このような高校の就職率は9割を超えています。
進学を希望する生徒もいての9割超ですから、今のご時世においてかなり優秀です。
高校の努力もありますが、在学中に技能を身につける有効性を表したものでもありましょう。
通信制においても、その有効性は等しいと考えられます。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校の魅力

昔と今とでは随分と背景が変わり通信制高校には様々な生徒が集まります。昔だと働きながら勉強もしたい生徒が主で家庭の事情で全日制に通えず学費と生活費を稼ぎながら通っていましたが今は不登校などの高校中退というケースが多いようです。


通信制高校のメリット

通信制高校に通う事を決めた理由は様々でしょうが一番の特徴は時間配分を自分で決めることができるという点です。学校の時間割があるわけでも先生に促されるわけでもないので全て自己学習となるためよほど強い意志がなければできないものの一方で自分の好きなように時間配分ができるというメリットもあります。そのため働きながら学習をすることが可能なので仕事と高校資格取得を同時に進められる利点があります。


通信制高校の活用法

通信制高校ではスクーリングという制度を取り入れているため学校に通学するのは月に数回程度にとどまりますので毎日登校することが辛い生徒さんや仕事をしながら、或いは別の何かやりたいことがある人にとってはとても有意義にスクールライフを送ることができます。例えば何か専門的に取り組みたいことがある場合、それに主たる時間を費やしながら空いた時間を利用して高校資格取得の勉強をするのもありです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

卒業するための理想のライフスタイルとは?

通信制高校を卒業するためには、単位を74単位修得し、3年間在籍し、特別活動を30単位時間以上参加するという条件があります。この条件を満たさなければ、卒業することができません。


<通信制高校を卒業するための要件とは?>

通信制高校でも3年間の在籍が必要になりますが、全日制の高校を中退して編入や転入をした場合は、前に通っていた高校の在籍期間を加算できます。これは科目の修得単位も同じことで、前に通っていた横行の修得単位を加算することが可能です。また、特別活動とは入学式や卒業式などの行事、ホームルーム、体育祭、文化祭、体験学習、クラブ活動などのことですが、この単位を3年間で30単位時間以上参加しなければなりません。レポート、スクーリング、単位認定試験を続けて単位の修得をしていきます。


<アルバイトに精を出し過ぎると卒業できない?>

卒業率は低いことから見ても、通信制高校の単位修得はそれほど簡単ではありません。それは時間の管理ができないというのは理由の一つ。アルバイトをするなら、週に何日、何時間、と決めてあとは勉強の時間に充てるようなスケジュールを立てることが必要です。せっかく学費を出して勉強しているのに、卒業できないのは残念なことです。学費のためにアルバイトをしている人も多いでしょうけれど、それで卒業できないと意味がありません。自分で管理ができないと思う人は、学費が高いですがサポート体制のしっかりした私立がお勧めです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校の卒業率が高い理由

通信制高校の卒業率は、この数年で大きく高くなったと言われています。今まで自学自習のシステムから、卒業することは困難と言われることもあった通信制高校ですが、多くの私立通信制高校では、90パーセントを超える卒業率を出しています。


個別指導や生徒のケアを細やかに

通信制高校では生徒の人数が少ないという特徴を生かして、授業などでも多くの場合は個別指導や質問を個人的に受け付ける時間などを多くもうけ、生徒の学力がばらつかないように努めています。またレポート提出期限の前には、レポートのわからない部分の質問をすることのできる質問教室や、スクーリング日数が足りない生徒のための補講、スクーリングそのものを宿泊学校などで行う集中スクーリングに置き換えることで、生徒が単位をなるべく修得しやすいようにしているのです。


カウンセラーなどで心のケアを

ココロに傷をおった生徒のことも考慮し、通信制高校ではカウンセラーなどを毎週決まった曜日に呼ぶなど、なるべく学校へきやすい条件を整えています。スクールカウンセラーなどが常駐する保健室なので、まだ大人数には抵抗があるという生徒でも、学校へくることができるようにするためです。学習面だけでなく、心理面でのケアもまめに行っていると考えられるでしょう。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

高卒認定試験と通信制高校の卒業資格の違い

通信制高校を卒業して取得する事ができる「卒業資格」の価値は未来の可能性を広げる「道具」になります。また、学校に通わなくとも高卒認定試験(前・大検)を受けて合格すれば大学受験資格を取る事ができます。


高認と通信制高校卒業の違い

しかし高認で取得できるのはあくまでも大学受験資格であり、最終学歴に「高卒」と記載できる訳ではありません。つまり、中卒である事には変わりないのです。ステータスという意味あいを求めるのであれば、通信制高校や定時制で卒業資格を取得するのが筋でしょう。たかが高卒資格されど卒業資格です。就職や進学に置いて可能性を広げるものとなるのは確実な事実です。


専門分野で知識を深める

通信制高校では専門分野にたけている学校が多い事も特徴の一つです。また、通学範囲も広く設定している事も多く、興味がある学校があればふつうであれば通学範囲外で在っても通う事が可能です。専門的な科目を準備している学校では、就職に直結する資格を取得可能である場合がほとんどです。明確な目的を見つける事によって卒業まで自主的に努力する事ができるはずです。就職を選ぶかさらに学習を深めるかによって進路は変わりますが、また同じ目的を持った他の生徒と触れ合う機会にもなるはずです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

私のスクーリング体験記

通信制高校に通っていたとき、一番楽しかった思い出はスクーリングでした。年に一回しかなかったけど、最高の思い出が出来ました。


通信制高校のスクーリング

私が通っていた通信制高校では、1年のうちのほとんどが自宅で自己学習だったので、アルバイト先以外には知り合いもいない感じでした。中学の友達とはもともと疎遠だったし、たまの休日でも部屋でアニメを見たりマンガを見たりして過ごしていました。そんな時、1年に一回の学校のスクーリングがやってきました。正直なところ、今さら知らない人と一緒に過ごすのなんて面倒くさいと感じていました。でも、実際に行ってみると、面倒くさいどころか、とても楽しい思い出が出来ました。


スクーリングで出来た友達

スクーリングでは、これまでメールでしかやり取りしていなかった先生との面接があって、これまでの勉強のこととか、将来のことを話しました。初めて会うのにすごく親身になって話を聞いてくれたのをよく覚えています。それから、体験学習で一緒になった子ととても仲良くなりました。始めは、緊張してうまく話せませんでしたが、話していくうちに趣味の話で盛り上がり、お互い同じ目標に向かって進んでいるのだと知りました。それから、連絡先を交換して、今でも何か相談があれば真っ先にその子にする仲になりました。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校の特色とは

通信制高校の特色は学習、通学スタイルにおいて全日制高校が異なります。このような特色を理解しておく事でよりベストな通信制高校選びをする事ができるはずです。まずは私立校と公立校の違いからみていきましょう。


通信制高校の私立と公立の違い

通信制高校の公立校は学費が比較的安い事が人気の要因になっているようです。公立校は全日制高校と併設されている事が多く、地域密着型と言っても良いでしょう。私立高校は、資格取得や専門分野において他校との差別化を図っている学校が多いようです。放送授業などを取り入れる、またはサポート校を設立するなど徹底的に卒業支援体制をとっているのも特徴です。私立、公立それぞれのメリットを理解して魅力的な学校を探してみましょう。


スクーリングとレポート体制

通信制高校はレポート提出を主体として学習を進めていきます。レポート提出実績がないとテストを受ける事ができないシステムをとっている学校が多いようです。スクーリングシステムは、学校ごとに特徴があるようです。体験学習の要素を含めてスクーリングを合宿の形で行う学校もあれば、希望によっては全日制高校に近い形でスクーリングを行う学校もあるようです。平均的には週2回程度のスクーリングが多いようです。通わなくても高校卒業できる通信制高校があり、不登校の方でも高校を卒業できます。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校で学んだこと

通信制高校で学んだことというテーマで体験談を募集した際に寄せられた体験談です。


通信制高校で学んだこと・教わったこと

わたしは埼玉県在住で東京の通信制高校に通った現在21歳の女です。高校1年生の時に不登校になってそのまま高校中退し、1年ほど学校に通わずに家に引きこもっていたので、高校を卒業したのは20歳の時でした。さて、通信制高校で学んだことは都会で見る虫と田んぼの中で見る虫は全然印象が違うということでした。そう思ったのは通信制高校に入って2年目のスクーリングで、農業体験をさせてもらった時でした。私は埼玉に生まれ住んでいるので、東京よりは虫なども多いのですが、やはりもっと田舎の方に行くと風景も違いますし空気も違いました。


自分の夢を自分で見つけるということ

それまでの私は一人っ子だったこともあってか、全て周りの人が何とかしてくれると心のどこかで思っていたようでした。だから夢を見つけろと言われても、夢が何なのか、どこでどうやって探せばいいかを誰も教えてくれないことにいじけていたのだと思います。しかし農業体験に行って、農業に興味を持つようになって自分で調べていく内に大学で農業のことを勉強したいと思うようになりました。「これが自分で夢を見つけるということか」と目が覚めるような思いでした。農業のことだけでなく、とても大きな発見をさせてもらえたと感謝しています。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校で変わったこと

通信制高校で変わったことというテーマで体験談を募集し、寄せられた体験談を1つ紹介いたしましょう。


通信制高校に入って変わったこと

私は神奈川県に住む現在19歳の女子です。中学の時に学校で苛められるようになったのが原因で不登校になり、精神的にも病んでしまい高校になんか通えるはずがないという状態にまでなっていました。ですが両親の頼みもあって高校にだけは通うということになりました。が、やはり通うことは出来ないので通信制高校にということになったのですが、週に1回はWeb上でのスクーリングを受けなくてはいけないので、それが最初は非常に苦痛でした。知らない人と話すのは緊張するし、自分のこのどうしようもない生活のことを聞かれるのも苦痛でした。


良い意味で開き直れる力がついた

しかし、スクーリングを担当してくれた若い女性の先生と少し打ち解けてきたころ、先生と色んな話をするようになりました。こんなこと書いたら怒られるかもしれませんが、先生はお酒が入ると人格が変わってしまうらしく、だんだん週に1回のスクーリングの時に聞く「先生の今週のお酒の失敗談」が楽しみになるようになりました。そしてやはりこれも怒られそうですが、正直に言って「こんなにダメな大人でもちゃんと社会人としてやってられるんだ」とおかしくなってきてしまって、ちょっと気持ちが楽になりました。完璧なんかじゃなくて良いんだと思えるようになったのが一番の変化でした。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

私立か公立かで通信制高校を選ぶ

通信制高校にも全日制高校(通常の高等学校)と同じ様に私立の学校と公立の学校があります。そして、私立を選ぶか公立を選ぶかで受けられる授業のカリキュラムにも大幅に差が出てきます。確実に高卒資格を取りたい人、大学へ進学したい人、専門分野を学びたい人、そして就職をしたい人。そのすべてのニーズに応えてくれるのは果たして私立と公立、その一体どちらなのでしょうか。それをここで徹底解剖したいと思います。


通信制高校に入学するのなら私立高に

学費は公立校の方が安いのですが、卒業率は私立校の方が圧倒的に高くなっています。その差は60%近くもあり、公立が30%となっているのに対して90%以上の卒業率を誇っています。こういった数字からも、私立校の方が明らかに学習環境は整っていると言えるでしょう。


サポート校は心強い味方

私立校の方が高い卒業率を叩き出しているのはサポート校や、担任教師もしくはカウンセラーによるバックアップが隅々までなされているからです。自宅学習を選んだ場合でも担任になんでも相談できる様な学校づくりがされていますし、無理なくマイペースなカリキュラムでありながら自主性を育てる授業内容は私立の通信制高校の強みです。ですから、通信制高校にこれから通うなら私立をおすすめします。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校は履歴書にどのように書く?

通信制高校の卒業者が増えてきています。卒業率は9割を超える高校も増えてきており、サポート校の体制の充実や、少人数だからこそできる生徒のきめ細やかなフォローによって、不登校や引きこもりの生徒をケアする通信制高校も多くあります。自分の目的に合わせて学習スタイルを選んで通うことができる、新しい教育の形なのです。


履歴書には高校名だけでいい

まだ一般的に通信制高校という場所が浸透してきていないことや、世間の評価を不安に思う方もいるかもしれません。多くの場合、履歴書には高校の正式表記を記入しますが、正式表記に通信制課程と書く必要がない場合がほとんどです。全日制と通信制の2部で高校を運営している場合、卒業証書も全日制と同じ証書をもらえる通信制高校が多いようです。


資格としても何も変わらない

資格として、全日制と通信制で変わることはありません。大学の学士の資格と同じだと思っていいでしょう。1部を卒業しても、2部を卒業しても変わらないということです。高校でも通信制と全日制で資格に何か大きな違いが出ることはないと言えます。ただし、全日制のように浅く広く様々な教科を学習することが強制されるわけではなく、学習内容も含めて自分の意思で定め、単位を取得して卒業しなくてはいけないので、大学を受験するときに必須となる単位がある場合も考えられます。しっかりと計画を立てて高校を選び、将来に向かいましょう。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校で資格を取得

通信制高校によっては、通常の高校で必要な勉強を早めに終わらせて、資格の勉強に着手することをWスクールのような形で推奨する学校もあります。資格を取得すると、卒業後からその業界で働きすことが出来るので、就職に有利になります。


通信制高校で好きなことを学ぶ

通信制高校では、自由に使える時間が多くあるので、その分を自分の勉強したいことに充てることが出来ます。たとえば、ルネサンス高校では、Wスクールとしてスタイリストなどの美容に関わるコースや美容師の免許をとること目指すコースなどがあります。これは、横行在学中に普通尾学習と並行して勉強することが出来るので、卒業後には同じ道を目指す他の高校の生徒よりもリードして次のステップへ進むことになります。早くから自分がなりたいものを決めている人にとっては、これほど時間を有効に使う手段はないでしょう。


介護士などの資格に強い学校に進学

また、通信制高校によっては、資格取得に強い学校への進学しやすいところもあります。つまり、そういった通信制高校に通学することが保育士や介護福祉士、医療事務などの資格がなければ就職できない職業へ大きく近づく一歩となります。自分の可能性が広がり、確実に実現していけるのでやりたいことを見つけたい人はそういう学校を探してみましょう。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment